【期間延長中!】 今なら新規会員登録で
2,000ポイントプレゼント!  
新規会員登録はこちら

3Dプリンター専門ショップ「Fab mart(ファブマート)」

2000Pポイントキャンペーン
新規会員登録
会員ログイン
カートを見る
3Dプリンターの選び方

CHECK 1

3Dプリンターを導入する際にどのような点を抑えればいいのでしょうか?

3Dプリンターを導入する際に抑えておくべき点は、3Dプリンターの利用目的にあった「造形方式」と「使える材質」、「精度」、
造形サイズ」になります。


3Dプリンターの造形方式は大きく分けて、「熱溶解積層方式(FDM法)」、「光造形方式(STL法)」、「粉末焼結方式(SLS法)」、「インクジェット方式」、「粉末積層方式」の5つがあり、造形方式によって使える材料が異なります。

熱溶解積層方式
光造形方式
粉末焼結方式
インクジェット方式
粉末積層方式

当店で扱う商品は「熱溶解積層方式(FDM法)」、「光造形方式(STL法)」を採用しているものが多いため、3Dプリンター初心者はこの2つの方式から選ぶと材料の調達に困らないでしょう。


CHECK 2

精度=積層ピッチではない

精度=積層ピッチではない

よく精度を表現するために、積層ピッチ(1層で何mmずつ積層するかという値)が使われますが、実は積層ピッチは指標の一つでしかありません。

積層ピッチが細かいほど、緩やかな斜面の積層痕は目立たなくなるので、一見精度は良くなっているように感じます。
しかし、各層のXY方向の位置決めがずれていると、いくら積層ピッチが細かくても、各層でズレが生じてしまいます。

積層ピッチが細かくなるほど造形時間はかかりますので、造形したいものが何なのかによって最適な設定をすることが必要になります。


CHECK 3

造形できるサイズは大きければいいものではない

造形サイズは大きければいいものではない

造形サイズも何を造形するかによって最適な選択は変わってきます。

造形サイズが大きくなるほど、材料によっては熱応力による歪み、反りなどが発生します。場合によっては、大きいものでも分割して造形したほうが良かったり、造形サイズが足りない場合でも、斜めに配置することで造形できたりします。

また、材質によっては大きいものを造形する際に、材料費が高額になる場合もあります。

例えば繰り返しの試作をスピーディーに行う目的で導入されても、1個造形するのに材料費が数万円レベルでかかれば、気軽に造形できなくなってしまいます。
一方、材料費が数万円かかっても、1品もののクオリティの高い試作品を作ることが目的であれば、それは正しい3Dプリンター選びができていることになります。


CHECK 4

購入後のメンテナンスやサポート体制

購入後のメンテンスやサポート体制

購入後のメンテナンスやサポート体制なども導入前にしっかり調べておくことが重要です。メーカーによってサポート体制が全くない場合もあります。その際にはトラブルシューティングをユーザーですることになり、実際の設計業務とは関係のない作業に時間を取られてしまう場合もあります。

安価なものでもきちんとサポートが受けられる機種を選定することも場合によっては必要かもしれません。


CHECK 5

悩んだとき、初めてで困っているときは・・・まず手頃な価格でデビュー

まずは手頃な価格でデビュー

全く3Dプリンターを使ったことが無い方は、まずは手頃な価格の評判良い機種を買って、使い倒すことをおすすめします。
そして、3Dプリンターがどういうものか分かったら、より良い機種へだんだんとグレードアップさせて制作に役立ててみてください。

また、当店ではご購入前のご相談も承っております。お気軽にご質問ください。


当店のオススメ3Dプリンター

ダヴィンチmini w
UP! mini2
Raise 3DプリンターN1

今、当店で一番売れている3Dプリンターは「UP! mini2」です。
UPシリーズは、ダヴィンチシリーズと同時期に発売開始されていますが、当時から高精度で高速な造形が際立っていました。
メイカーズ界隈ではほとんどがUPシリーズ(またはOEMの姉妹機種のAFINIAシリーズ)を使われており、信頼性は非常に大きいです。安定した造形ができるので信頼性も高いです。
ただし、UP! mini2は造形できるサイズは小さいため、ものによっては分割したり、斜めに出力するなどの工夫が必要となります。少しご予算が足せるのであれば、造形範囲が広くなる「UP! Plus2」もおすすめです。

熱溶解積層方式(FDM法)

FDM造形とはFused Deposition Modeling=熱溶解積層方式の造形方法の事で、業務用でも使われている熱に溶ける樹脂を、一層ずつ積み上げていき造形していく造形方法になります。
溶けた樹脂はすぐに冷えて固まるため、危険性が少なく扱いやすいのが特徴です。

試作品や治具、簡易型の 造形などに適しています。
ただ、素材を溶かして積み上げていくため 断層が目立ちやすいというデメリットがあり、表面の滑らかさが求められる造形物の出力には向いていません。

使用可能な主な素材: 熱可塑性樹脂(ABS、PLA、ナイロンなど)


熱溶解積層方式(FDM法)のオススメ3Dプリンター

紹介動画あり
XYZプリンティング
ダヴィンチ 1.0 Pro

¥95,000(税別)

送料無料

ご注文から6営業日以内にお届け可能

造形マテリアル PLA、ABS、PETG、Selected type Carbon、HIPS、Metallic
最大造形サイズ 20×20×20 cm
積層ピッチ 0.1 ~ 0.4 mm

メーカーが10年以上におよぶプリンター製造経験を活かし、品質を追求して設計した3Dプリンター。より詳細なオプション設定でクリエイティビティーをサポート。… 続きを見る


紹介動画あり
Tiertime
UP! Plus2

¥136,800(税別)

送料無料

ご注文から6営業日以内にお届け可能

造形マテリアル ABS、PLA
最大造形サイズ 14×14×13 cm
積層ピッチ 0.15〜0.40mm

コンパクトサイズの3Dプリンターでありながら、同クラスの機種の中でも比類のない使いやすさと安定感を実現し、かつ高品質な出力が可能。初心者にもオススメの3Dプリンターです。… 続きを見る


Tiertime
UP! BOX+

¥268,000(税別)

送料無料

ご注文から6営業日以内にお届け可能

造形マテリアル ABS、ABS+、PLA、etc
最大造形サイズ 255×205×205 mm
積層ピッチ 0.10〜0.40mm

シリーズ最上位機種となるUP BOX+は、UP Plus2特有の精度や使いやすさを引き継いだまま積層ピッチを0.1mmまで高め、かつ従来に比べ30%速い速度での印刷が可能。… 続きを見る


「UP! Plus2」は、アメリカMake誌に掲載する3Dプリンターバイヤーズガイドにおいて「消費者による使いやすさ第一位」を受賞した商品。見た目はシンプルながら高品質と評判です。12か月保証サービス付きなので、安心して始められます。

光造形方式(STL法)

光造形方式は最も歴史が古く、世界で最初に1987年に3Dシステムズ社で実用化されたものがこの方式の3Dプリンターです。
それゆえ製造業などでは、3Dプリンターという言葉よりも「光造形」や「RP」といった言葉の方が浸透している会社もあります。

光造形方式で使用する樹脂は、光硬化性のものになります。
液体状の光硬化性樹脂を、紫外線レーザーで一層ずつ硬化させて積層していき造形します。

高精細かつ表面の滑らかな造形物を作成することが可能です。

使用可能な主な素材: エポキシ系樹脂、アクリル系樹脂など


光造形方式(STL法)のオススメ3Dプリンター

XYZプリンター
ノーベル 1.0A

¥324,000(税別)

送料無料

ご注文から6営業日以内にお届け可能

造形マテリアル 光硬化レジン
最大造形サイズ 128×128×200 mm
積層ピッチ

さまざまなレジンに対応し、幅広い用途に使用可能。初期型に比べ精度、スピードともに大きくグレードアップ。光造形3Dプリンタ―市場ダントツの安さでご提供。… 続きを見る


Gooo3D
G Printer

¥1,290,000(税別)

送料無料

ご注文から6営業日以内にお届け可能

造形マテリアル Standard、Castable
最大造形サイズ 128×80×145mm
積層ピッチ 最薄積層ピッチ25um

様々な材質に対応されていて多用途で使用可能。ロストワックス鋳造方でシルバーのアクセサリなども造形できます。静音性に優れており、造形中の騒音や振動音も気になりません。… 続きを見る


光造形3Dプリンターはどれも高値で、個人で買うには少し勇気がいります。「ノーベル 1.0A」は『光造形3Dプリンター市場ダントツで安い』とメーカーが謳うだけあって、かなりお手頃な商品。むずかしい操作もいらないので初心者でも安心です。

粉末焼結方式(SLS法)

粉末焼結方式は、レーザー光線により粉末の材料を焼結させる造形方式です。
粉末焼結方式は光造形法と似たような方式で、ステージ上にある粉末をレーザー光線を照射させて焼結させます。
粉末が硬化したらステージを下げ、この作業をモデルが完成するまで繰り返し行います。

耐久性のある造形物を製作でき、また、金属素材も使用可能なので最終製品や鋳型の製造にも用いられます。

使用可能な主な素材: ナイロン樹脂、セラミック、エストラマー、ポリプロピレン、金属など

インクジェット方式

インクジェット方式というと、家庭やオフィスで普段使用している紙のプリンターを思い出すかもしれません。
紙のインクジェットプリンターの場合には、印刷用氏の上に、液状のインクをヘッドから細かい粒子にして吹き付けて文字を印刷していきます。
3Dプリンターの場合には、インクの代わりに液状の樹脂を吹き付けていきます。
液状の紫外線硬化樹脂を噴射して、それを紫外線などの特定の波長の光で照らすことにより硬化させ積層させる方法です。

この方式は、一般に積層ピッチがFDM方式より薄くより細かい造形をすることが可能で、表面の仕上がりも滑らかに仕上がる特徴があります。
そのため、出力したいパーツに対して細かい造形がある場合などに向いています。
また、高速に造形できることも特徴にひとつです。

使用可能な主な素材: アクリル系、ABSライク、PPライク、ポリプロピレンライク、ラバーライク

粉末積層方式

粉末積層方式は石膏やでんぷんなどの安価な粉末を樹脂で接着して固め造形します。
そのため粉末固着式積層法とも呼ばれています。

材料コストが安価であり、また造形のスピードも比較的早いのが特徴ですが、この方式の最も大きな特徴はカラーで出力できるということです。
この方式では、白い石膏の粉などに対して造形と同時に造形物の外側に神の印刷などに使用するインクジェットプリンターのインクを吹きつけて着色していきます。

したがって、3DCGによるキャラクターのテクスチャーなどもCGで定義した通りに出力できるため、出力後の塗装などが必要ありません。
色付きで出力できるという優れた特徴がある一方で、非常に脆いという欠点も抱えています。

使用可能な主な素材: 石膏ベースパウダー、プラスチックライクパウダー、デンプンベースパウダー、セラミックベースパウダー

COPYRIGHTS © スリプリ ALL RIGHTS RESERVED.