今なら新規会員登録で
2,000ポイントプレゼント!  
新規会員登録はこちら
法人販売窓口
新規会員登録
会員ログイン
カートを見る
工作機械の使い方

工作機械初心者必見!安全な工作機械の使い方!

3Dプリンター・旋盤・レーザーカッター等個人で所有できる工作機械が増えましたが一番大切なことはなんでしょうか?
みなさんは何を基準に選びますか?
性能・サイズ・価格・・・実はすべての工作機械にとって一番大切なのは安全です。使いこなせば便利な工作機械、しかし注意しなければ大きな事故に繋がりかねません。3Dプリンターをはじめとした工作機械にはどんな危険があるのでしょう。

3Dプリンターの火災事例

3Dプリンター工作

この10年でこの最も身近になった工作機械といえば3Dプリンターが挙げられます。
刃物やモーターもなく一見安全そうに見える3Dプリンターでも危険は潜んでします。こちらの3Dプリンターはカートリッジヒーターがヒートコアから脱落していたことが原因で電線部分から発火が始まりそこからABSのパーツに燃え移り機体全体に広がりました。
近年の3Dプリンターは安全装置の性能も上がり過熱停止装置が自動的にスイッチを切るよう改良されています。

3Dプリンター事故の現場
海外で実際に起きた3Dプリンターの事故

プリント時はノズルの温度は250度以上に加熱されますので火傷にも注意が必要です。
また安全のため可燃性の物はプリンターから遠ざけておいた方が良いでしょう。

汎用・NC旋盤等の工作機械での事故

工作機械

もう一つ身近になった工作機械といえば小型NCフライス盤などの切削機です。
樹脂や金属を加工できるとあって近年人気が高まっていますが、高速で回転するモーターが取り付けられているため3Dプリンター以上に危険が伴います。

以下は一般工作機械の事例ですが小型工作機械でも同じような注意が必要です。

  • 軍手まきこまれ
  • チャックハンドル・爪が飛ぶ
  • 旋盤のうしろにワークを突き出す
  • NC加工中に体をドアの中に入れる
  • 回転中の穴に手を入れる
  • NC旋盤のチャックに指を挟む
  • ホイスト使用中の吊り荷の落下事故
  • 両頭グラインダーの砥石の割れ
  • ドリルに巻き込まれる事故
工作機械での事故の統計
厚生労働省 資料

私たちの身の回りにある製品を作る過程ではたくさんの工作機械が使用されています。それらの機械は熟練の職人さんたちによって運用されていますがそれでも事故は起こります。切削などやったことがない初心者にとっては尚更です。

事故

工作機械を使う上で注意すべき点とは?

機械の巻き込み事故の原因の多くは服装にあります。以下のことに注意して安全に使用しましょう。

  • 回転に巻き込まれないためには、長い髪は束ねておき、手袋やマフラーなどは外しておきます。
  • 破片や切りくずの処理については作動中、どんなに気になっても切りくずを手で払うのは厳禁です。切りくずが目に入ったために起きる事故も多いので、必ず保護メガネを装着しましょう。
 

入門機の選ぶときの4つのポイント

では最初の一台をどう選んだら良いでしょうか?これは3Dプリンター以上に難しい課題です。
ここでは導入する際に気をつけるべき4つのポイントを紹介します。

1. 安全性

ここが一番大切です、チャックハンドルや爪が飛ぶ事故も考えられますのでカバー付きの機種がお勧めです。

2. 大きさ

切削機といえばかなり大きいものを想像してしまますが卓上サイズの機種もあります。

3. 音

3Dプリンターに比べ硬いものを削っていく切削機は比較的音が大きめです時実際にどのくらいの音がするのかを事前にチェックしておくといいでしょう。

4. 削りかすの問題

切削機は大量の削りかすが発生します、工場やガレージなどある程度汚れていい場所なら問題になりませんが、オフィスや部屋の中で使用するならばカバー付きの機種を選んでおくと安心です。

 

おすすめの機種

小型切削機はたくさんありますがここでは初心者にも安全で使いやすい「SRM-20」を紹介します。

SRM-20

SRM-20はカバー付きの小型切削機です、作動中にカバーを開けるとモーターが止まる安全設計です。
カバー付きのため削りかすが飛び散ることもなくオフィスなどでも安全に使用していただけます。

SRM-20

主な仕様

  • サイズ:451.0(幅)×426.6(奥行)×426.2(高さ)/19.6 kg
  • 加工可能な材質:ケミカルウッド、モデリングワックスなどの樹脂(金属は対象外)、工作用基板
  • XYZストローク:203.2(X)×152.4(Y) ×60.5(Z)mm
  • ワークサイズテーブル:232.2(X)×156.6(Y)mm

詳しいスペックはこちら

SRM-20でできること

精巧な試作・プロトタイプ製作において最終製品と同じ、あるいはそれに近い素材で試作を行えます。ABS、POM、アクリル、モデリングワックス、ケミカルウッド、木材など、多彩な材料で試作品の加工が行えます。

SRM-20の試作品

3Dプリンターにはない表面の美しさが特徴、製品レベルの試作が可能です。

SRM-20の試作品

精度が出せるのも切削機のならでは、治具作成などで活躍が期待できます。

種類のCAMソフトを標準装備

切削加工に必要な3種類のCAMソフトが付属されていますので初めての方でもすぐに加工が始められます。

付属のCAMソフト

プロトタイプ製作のワークフローを大幅に効率化

SRM-20は安全に樹脂や木材の切削加工を円滑に加工してくれる切削機です。業務用の製品は大型かつ高価で家庭やオフィスへ導入するにはハードルが高いものですが、デスクトップ型の小型切削機なら気楽に取り入れられます。

工作機械 SRM-20の詳細はこちら

はじめてのCNC入門セミナー情報

COPYRIGHTS © スリプリ ALL RIGHTS RESERVED.