スリプリ |「想いや気持ちをカタチにする」

Fusion 360のセミナーや3Dプリンターの出張体験イベントなどを実施しています。


| Facebook | お問い合わせ | 運営会社 |

Revit とは

RevitはAutodesk社が開発している建築用の3DCADソフトで、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)に最適な製品です。
建築設計、MEP(機械、電気、配管)と構造エンジニアリング、および施工に役立つ機能が用意されています。

建築設計

Revitを利用することで、単一のソフトウェア環境内でコンセプト設計から施工用図面までの文書からアイデアを取り入れることができます。
また、建物のパフォーマンスを最適化し、魅力的なビジュアライゼーションを作成することができます。
コンセプトからビジュアライゼーションまでプロジェクトのすべてのフェーズに対応できる機能を備えてるため、強力な BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)ツールとして利用でき、さらに正確に設計の意図が伝えることができます。

構造エンジニア

設計コンセプトから製造まで、Revitを使用してプロジェクトを合理化します。
構造設計と詳細モデルを連携することにより、作業効率、設置の精度、施工可能性を高めることができます。
例えば、構造解析を実行し解析設計アプリケーションで解析モデルを書き出すことで、同時に Revitで物理モデルを作成することも可能です。

MEP(機械、電気、配管)エンジニア

建物のMEP(機械、電気、配管)系統をより高い精度で設計することができ、インテリジェントモデルに組み込まれた整合性のある情報を使用することで建築や構造のコンポーネントとのコーディネートが改善されます。
また、建築プロジェクトのメンバーとのコーディネーションも容易になります。

施工

プロジェクトの成功は初期段階での意思決定に大きく左右されることがありますが、Revitの設計データを着工前の段階で使用することで、施工性リスクを最小限に抑えることができます。
施工可能性と設計意図が評価できるため、手段、方法、マテリアルに関する知識とそれらの関係性や仕組みに対する理解が深めることができます。


Revitを利用したワークフロー

1.企画
使い慣れたAutoCAD LTなどの2DCADで、敷地・間取りのスケッチを作成します。

2.基本設計
Revitで、3Dモデリングを実施します。壁・床・天井を作成し、建具を配置します。

3.プレゼンテーション
建材の質感を表すマテリアルを適用し、カメラを設定します。クラウドレンダリングで、パースを作成します。

4.実施設計/図面作成
キッチン、浴室などのパーツを挿入し、3Dモデルから平面図や断面図を作成します。
シンボルや記号を配置し、詳細図面を作成します。

5.情報の活用
モデルからデータを拾い出して集計します。集計データをCSVファイルに書き出し、見積等の作成に活用します。

6.図面管理
Revitの3DモデルからDWG形式の2Dデータを書き出し、既存の2DCADで編集します。編集した2Dデータを3Dモデルとリンクし、図面管理を行います。