今なら新規会員登録で
200ポイントプレゼント!  
新規会員登録はこちら
法人販売窓口
新規会員登録
会員ログイン
カートを見る
3Dスキャナーとは?活用方法・種類・よくある質問

3Dスキャナーとは?活用方法・種類・よくある質問

3Dスキャナー技術は、現実世界のオブジェクトをデジタル化し、その形状や寸法を正確に捉えることを可能にします。
この技術は、製品設計、品質管理、文化遺産の保存など、多岐にわたる分野で革新的な活用が進んでいます。

3Dスキャナーの概要

3Dスキャナーとは、物理的な対象物をデジタル化して3Dモデルを作成する装置です。この技術は、製造業、医療、建築、ゲーム開発、文化財保護など多岐にわたる分野で利用されています。

3Dスキャナーによって、対象物の形状、寸法、さらには色やテクスチャーまでを精密にデジタルデータとして取り込むことができます。

それでは、3Dスキャナーの基本的なタイプである接触式と非接触式の違いについて詳しく解説します。

接触式とは

接触式3Dスキャナーは、物理的に対象物の表面に触れて測定を行うタイプです。プローブ(探触子)が対象物に直接触れることで、その表面座標を測定し、3Dデータを生成します。

接触式スキャナーは、高精度が求められる工業製品の品質検査や逆設計に適しており、精密な測定が可能です。
しかし、デリケートな素材や複雑な形状の対象には不向きであり、測定に時間がかかるという欠点もあります。

非接触式とは

非接触式3Dスキャナーは、レーザーや光、赤外線などを使用して対象物から反射する光を捉えることで3Dデータを作成します。
このタイプのスキャナーは、対象物に物理的な影響を与えずに測定が可能で、人体や柔らかい素材、大規模な建築物のスキャンに適しています。

非接触式スキャナーには、レーザースキャンと光学スキャン(構造光スキャン含む)の二つの主要な技術があり、迅速なデータ取得と高い柔軟性を兼ね備えています。

3Dスキャンからデータに変換する流れ

3Dスキャンからデータに変換する流れ

3Dスキャンのプロセスは、対象物から3Dデータを取得し、それをデジタルモデルに変換する一連の手順に分けられます。
このプロセスは、データの取得から最終的な3Dモデルの生成まで、複数のステップを経て行われます。
ここでは、その基本的な流れについて詳しく見ていきましょう。

データの取得

最初のステップは、対象物から3Dデータを取得することです。接触式または非接触式の3Dスキャナーを使用して、対象物の形状や寸法に関する情報を収集します。

非接触式の場合、スキャナーは対象物を囲むように配置され、全方位からのスキャンを行うことで、完全な3Dデータを取得します。

データの処理

取得したデータは、次に処理されます。この段階では、スキャンデータからノイズを取り除き、欠けている部分を補完するなど、データのクリーニングと最適化が行われます。
また、複数のスキャンデータを組み合わせて、一つの統合された3Dモデルを作成する作業も含まれます。

モデリングと出力

最終的に、処理されたデータは3Dモデリングソフトウェアによってさらに編集され、使用目的に合わせた3Dモデルが完成します。
このモデルは、3Dプリンティング、CADソフトウェアでのさらなる設計作業、またはバーチャルリアリティ環境での使用など、様々な形で出力されます。

3Dスキャナーの活用方法について

3Dスキャナーは、その高度なデジタル化能力により、多岐にわたる分野で革新的な利用が進んでいます。
ここでは、3Dスキャナーがどのように活用されているか、その具体的な例をいくつか紹介します。

製品設計とプロトタイピング

3Dスキャナーは、製品の設計段階で非常に重要な役割を果たします。
既存のオブジェクトをスキャンして3Dモデルを生成することで、設計者は新しい製品のプロトタイプを迅速に開発し、試作品の精度を向上させることができます。
これにより、設計プロセスの効率化とコスト削減が可能になります。

逆工学

逆工学では、既存の製品や部品から3Dデータを取得し、その設計を理解または改良することが目的です。
3Dスキャナーを使用することで、複雑な形状や内部構造を正確にデジタル化し、新たな設計の基盤として活用することができます。

品質管理と検査

製造業界では、3Dスキャナーが品質管理と検査プロセスに利用されています。
製品の3Dデータを取得し、CADデータと比較することで、製品の寸法精度や形状の正確性を検証することが可能です。
これにより、製品品質の維持と向上が図られます。

文化遺産の保存

3Dスキャン技術は、文化遺産の保存とデジタルアーカイブ作成にも活用されています。
古代の遺物や歴史的建造物を3Dスキャンすることで、その詳細なデジタルレプリカを作成し、後世に伝えることができます。

3Dスキャナーの種類

3Dスキャン技術の進化に伴い、市場にはさまざまなタイプの3Dスキャナーが登場しています。
これらのスキャナーは、使用する技術、解像度、スキャン速度、使用しやすさ、価格など、多くの点で異なります。

ここでは、特に注目されている以下4つの3Dスキャナーについて詳しく紹介します。

  1. EinScan Pro HD
  2. EinScan-SP
  3. IREAL 2E
  4. Transcan C

これらのスキャナーは、プロフェッショナルからエントリーレベルまで幅広いニーズに応えることができる製品です。

EinScan Pro HD

EinScan Pro HDは、高解像度と高速スキャンを特徴とするハンドヘルドタイプの3Dスキャナーです。
この装置は、細部まで鮮明に捉えることができるため、精密な工業デザインや文化遺産のデジタルアーカイブに最適です。

多様なスキャンモードを備えており、大きなオブジェクトから小さな複雑な形状まで、幅広い対象物の3Dデータを柔軟に取得することが可能です。
また、EinScan Pro HDは、使用者の操作性を考慮した設計で、携帯性にも優れています。


EinScan Pro HD

SHINING 3D

EinScan Pro HD

¥1,507,000(税込)

送料無料

ご注文から1-3営業日以内に発送可能

多機能なハンドヘルド型3Dスキャナー。手で持って使用することはもちろん、三脚・ターンテーブルを使用したオートマチックスキャンも可能。細部にまでこだわった高解像度とスキャンスピードが特徴。… 続きを見る

EinScan-SP

EinScan-SPは、デスクトップタイプの3Dスキャナーで、特にエントリーレベルのユーザーや教育機関での使用に適しています。

このスキャナーは、簡単な操作性と高い精度を兼ね備え、小から中サイズのオブジェクトのスキャンに最適です。
自動スキャンと固定スキャンの2つのモードを搭載しており、再現性と効率性を求めるユーザーには特に有用です。

EinScan-SPは、製品設計、3Dアーカイブ、教育など、多岐にわたる用途に対応しています。

IREAL 2E

IREAL 2Eは、特に人体スキャンに特化した非接触式3Dスキャナーです。この装置は、高速かつ高精度に人体や他の柔らかい素材の3Dデータを取得することができます。

IREAL 2Eは、医療、ファッション、エンターテイメント業界での使用に最適で、特にカスタムフィットの衣類製造や医療用プロテーゼの設計に役立ちます。
ユーザーフレンドリーなインターフェースと高い移動性を備えており、現場での即時スキャンが可能です。

Transcan C

Transcan Cは、コンパクトながら強力な性能を持つ非接触式3Dスキャナーで、主に業務用市場を対象としています。
このスキャナーは、高い解像度と広いスキャン範囲を持ち、大型のオブジェクトから小さな部品まで、さまざまなサイズの対象物を迅速にデジタル化することができます。

3Dスキャナーのよくある質問

3Dスキャナーのよくある質問

3Dスキャン技術に関しては、多くの疑問が寄せられます。
ここでは、3Dスキャナーに関するよくある質問とその回答を紹介します。

3Dスキャナーの精度はどれくらいですか?

3Dスキャナーの精度は、使用する技術や機種によって異なりますが、一般的には数ミリメートルから数マイクロメートルの範囲です。
高精度を要求する用途では、適切なスキャナー選びが重要となります。

スキャンしたデータをどのように使用できますか?

スキャンした3Dデータは、CADソフトウェアでの設計、3Dプリンティング、シミュレーション、バーチャルリアリティなど、様々な用途で使用することができます。
データの活用方法は、目的に応じて広がりを見せています。

どのようなオブジェクトをスキャンできますか?

3Dスキャナーは、小さな工業部品から大きな建造物まで、さまざまなサイズのオブジェクトをスキャンすることが可能です。ただし、透明や反射する素材、極端に暗い表面はスキャンが困難な場合があります。

3Dスキャンにかかる時間は?

スキャンに要する時間は、対象物のサイズや複雑さ、要求される精度によって大きく異なります。小さなオブジェクトであれば数分、大きなオブジェクトや高精度が求められる場合は数時間以上かかることもあります。

3Dスキャナーまとめ

3Dスキャナーは、接触式から非接触式まで、さまざまな種類があり、各々が特定の用途に最適化されています。
この技術により、高精度なデータ取得が可能となり、製品開発から文化財保護に至るまで幅広い分野での活用が期待されています。

COPYRIGHTS © スリプリ ALL RIGHTS RESERVED.