スリプリ |「想いや気持ちをカタチにする」

Fusion 360のセミナーや3Dプリンターの出張体験イベントなどを実施しています。


| Facebook | お問い合わせ | 運営会社 |

Fusion 360 とは

Fusion 360は、Autodesk社が提供している高機能クラウド3D CADソフトです。
操作も直観的でわかりやすく、幾何学的なカタチやフィギュアのような滑らかなカタチまで両方を3Dモデル作ることができるソフトです。
3D CAD機能に加え、3D CAM、レンダリング、解析、アセンブリ、2次元図面などの機能が搭載されており、Fusion 360だけでデザインから製造までの全工程をカバーしています。

さらに、データはクラウド上で管理されているため、チーム内でのデータのやりとりを円滑にしてくれます。

従来は数百万円した3DCADですが、Fusion360は月額4,320円、年間35,640円ですべての機能を利用することができます。

また、30日間の無料体験版も用意されております。さらに、学生や教育機関、非営利団体、スタートアップであれば30日の無料期間を過ぎても無料で使い続けることができます。


Fusion 360の作品紹介

公式ギャラリーページはこちら(英語)


モデリング機能

4つのモデリング手法に対応しているので、多種多様なモデルの作成が可能です。

作成した後も、簡単に修正ができるのでデザインの検討も柔軟に対応できます。


レンダリング機能

あらかじめ登録された500種類以上の材質を割り当てるだけで、難しい設定が必要なく、ドラッグ&ドロップで簡単に高品質な画像を取得できるため、販促物やプレゼン資料にも活用できます。


アセンブリ機能

部品を組み合わせてアニメーションで確認することができます。


解析機能

解析ソルバーには「Nastran」が採用されており、幅広い分野の構造解析が可能です。

解析結果はアニメーションで分かりやすく表示されるので、簡単に解析することができます。


データ管理機能

クラウドを利用することで、どこからでもFusion 360で作成したデータの閲覧が可能になり、チーム内での打ち合わせや、プレゼンテーションに活用することができます。


CAM機能

Fusion 360には、CAD機能で作成した3Dモデルを加工するためのツールパスを作成するCAM機能が備わっています。
加工用のツールパスをFusion 360で作成することで設計から加工までのフローを統一し、データを外部に書き出すことなく加工データを作成することができます。
また、3Dモデルを修正すると、作成したツールパスが再計算されるため、急な設計変更にも短時間で対応することができます。
さらに、シミュレーション機能によって、工具やフォルダの干渉チェックや、加工材の取り残しを確認できます。



図面機能

作成した3Dモデルから、簡単に2次元図面を作成することができます。