スリプリ |「想いや気持ちをカタチにする」

Fusion 360のセミナーや3Dプリンターの出張体験イベントなどを実施しています。


| Facebook | お問い合わせ | 運営会社 |

よくある質問

Q1. Fusion360も3DCADも初心者なのですが、セミナーの内容についていけますか?
A1. 初心者の方でも安心してご受講いただける内容となっております。
いままで、受講された方の大半が初心者の方でご満足いただいております。
詳しくは「参加者の声」をご参照ください。
Q2. CAD経験者なのですが、ベーシックコースは受講した方がいいですか?
A2. ベーシックコースでは、T-splineモデリングの基本操作やスケッチの拘束の学習、アドバンスコースではやらないレンダリングの学習などを行うため、CAD経験者の方でも原則ベーシックコースからご受講いただいております。
Q3. セミナー内でレンダリングやアセンブリについて学習できますか?
A3. レンダリングは「ベーシックコース」、アセンブリについては「スーパーアドバンスコース」で学習できます。
Q4. Fusion360で2次元図面は作成できますか?また、セミナーで2次元図面の作成について学習できますか?
A4. Fusion360で2次元図面は作成できます。また、「スーパーアドバンスコース」で2次元図面の作成について学習することができます。
Q5. 3Dプリンターのデータ作成方法も学べますか?
A5. ベーシックコース」にて3Dプリンター用のデータ作成方法について学習できます。
Q6. Fusion360のCAMについて学びたいのですがセミナーはありますか?
A6. 木材から金属までなんでも加工!はじめてのCNC入門セミナー」で学習できます。
Q7. スキャンデータを利用して3Dデータを作成する方法について学べますか?
Q7. スーパーアドバンスコース」で学習できます。
Q8. マスターコースを受けずにスーパーアドバンスコースを受講できますか?
A8. スーパーアドバンスコースの受講できるのは、ベーシックコース・アドバンスコースを受講済みの方か、「Fusion360操作ガイド(ベーシック編・アドバンス編)」を操作済みの方となります。
※特に、スケッチを描いて寸法・拘束を付加する作業を多く行いますので、基礎操作が不安な方は復習の上参加されることをお勧めします。
Q9. Fusion360の動作環境を教えてください。
A9. 公式で発表されている基本動作環境は以下になります。
・Apple® macOS™ Sierra v10.12、Mac® OS® X v10.11.x (El Capitan)、Mac OS X v10.10.x (Yosemite)
・Microsoft® Windows® 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 (64 ビット版のみ)
・CPU: 64 ビット プロセッサ(32 ビットはサポートされていません)
・メモリ: 3 GB の RAM (4 GB 以上を推奨)
・ADSL 以上のインターネット接続速度
・ディスク容量: 最大 2.5 GB
・グラフィックス カード: GDDR RAM 512 MB 以上(Intel GMA X3100 カードを除く)
・ポインティング デバイス: マイクロソフト社製マウスまたはその互換製品、Apple Mouse、Magic Mouse、MacBook Pro Trackpad
Q10. 領収書は発行されますか?
A10. 発行いたします。お申し込みの際の備考欄に領収書発行ご希望の旨と宛名をご記載ください。
Q11. ホームページに載っていない日程を事前に予約することはできますか?
A11. 事前予約はおこなっておりません。その代わりに、新しい日程のセミナーがご希望の開催地で追加された際にお知らせメールをお送りしております。以下のページよりご登録ください。
日程が合わないお客様へ
Q12. 法人向けのオンサイトセミナーはありますか?
A12. 5名様以上の団体での受講をご希望される場合、オンサイトセミナーも可能となっております。
詳しくは以下のページよりお問合わせください。
団体希望のお客様へ

お問合わせフォーム

その他、ご不明な点がございましたら、下記お問合わせフォームよりお問合わせください。

■ お名前 (必須)
■ メールアドレス (必須)
■ 会社名
■ お問合わせ内容