ご検討中のお客様に無料造形サンプル配付中!  
▶︎サンプル申込ページはこちら
Raise3Dロゴ

プロダクト製品・試作品の造形に最適
低価格ハイスペック業務用3Dプリンター

Raise3D選ばれる理由

企業3Dプリンターに重視する点とは?

企業が「3Dプリンターを業務で導入しよう」と考えたときに重視する点が 5つあります。

造形サイズ

大きな造形もできる

正確性

寸法精度や
造形精度

信用

きちんとした
サポート

フィラメントの種類

信用できる
フィラメントの種類

生産性

造形時の
安定性

これらを重視した結果、Raise3Dが選ばれる理由とは?

Raise3Dの魅力1

トップクラスの造形精度

積層ピッチ0.01mmから造形可能

3Dプリンターで多いトラブルが、エクストルーダーの過熱が原因となるヘッドの詰まりです。Raise3Dの新シリーズでは、この問題を解消するために複数のギアを組み合わせた「新型エクストルーダー」を採用しています。エクストルーダーの熱が伝わりづらい構造により、フィラメント詰まりが低減されます。さらに、モーターのトルクが従来の4倍となり、ギアのスリップが少なくなりました。

Raise3Dの特徴

①積層ピッチ: 0.01mm〜0.65mm
②位置決め精度: Z軸 0.078125micron
X/Y軸 0.78125mincron
③機械構造: Z軸6本、XY軸にボールネジ及びボールブッシュを採用
④データのスライス方法: ideaMaker

非常に高い寸法精度

Raise3Dは、ハイエンド3Dプリンターに匹敵する0.1mmの寸法精度を実現しています。
実験では、Raise3Dで作った10.10mmの穴に10mmの金属棒が通りました。これだけ高い寸法精度のため、ネジをはめ込むような造形に強みがあります!

Raise3Dの魅力2

大型でも高い安定性

大型造形のニーズに対応

造形時間が長ければ長いほど、機械の安定性に対する要求が厳しくなります。
造形が途中で失敗すると、それまでの同じ造形作業をもう1度やることになり、コストもかかります。業務で使うと考えると、失敗しない、安定した3Dプリンターが欲しいと思うのは当然です。
Raise3DはZ軸6本、X/Y軸十字ボールねじ・ボールブッシュを採用しています。これによってプラットフォームのズレが生じず、安定した造形ができるようになっています。

大型でも高い安定性

200時間以上の造形が可能

最大造形サイズ 305×305×605 mm

頑丈な機械構造による高い安定性で、大型造形サイズも200時間以上の造形が可能です。複数データによる一括造形も可能。小さな造形物を一度に複数個プリントできるため、製造にも向いています。

用途に応じた造形ができます

Raise3Dの魅力3

タッチパネルによる高い操作性

進行状況の可視化機能搭載

タッチパネルによる操作で簡単に設定の変更ができます。また、造形中の進行状況を見ることができるため、造形にかかる残り時間の把握や現在どこまで進んでいるかを一目で確認することができます。日本語対応しているので、操作に迷うこともありません。

Raise3Dの魅力4

多数のフィラメントに対応

他に類をみない豊富な種類が使える

PLA / ABS / PC / PA / TPU / PET / PVA / Carbonなど多種類のフィラメントに対応。オーソドックスな材料だけでなく、業務に活躍する材料のフィラメントが使えるので幅広い造形ができます。

フィラメント新登場
対応フィラメント
商品イメージ 商品名 金額(税別) 製品ページ
Raise3D純正プレミアムPLAフィラメント Raise3D純正プレミアムPLAフィラメント ¥5,000 製品紹介・購入はこちら
Raise3D純正プレミアムABSフィラメント Raise3D純正プレミアムABSフィラメント ¥5,000 製品紹介・購入はこちら
Raise3D合成PETGフィラメント Raise3D合成PETGフィラメント ¥7,500 製品紹介・購入はこちら
Raise3D合成カーボンフィラメント Raise3D合成カーボンフィラメント ¥7,500 製品紹介・購入はこちら
Raise3D高透明フィラメント Raise3D高透明フィラメント ¥7,500 製品紹介・購入はこちら
Raise3D合成木質フィラメント Raise3D合成木質フィラメント ¥7,500 製品紹介・購入はこちら
Raise3D 純正T-ABSフィラメント Raise3D 純正T-ABSフィラメント ¥5,000 製品紹介・購入はこちら
Raise3D 純正T-PLAフィラメント Raise3D 純正T-PLAフィラメント ¥5,000 製品紹介・購入はこちら
PolyFlexゴムライクフィラメント PolyFlexゴムライクフィラメント ¥7,389 製品紹介・購入はこちら
PolyMaker PC-MAXフィラメント PolyMaker PC-MAXフィラメント ¥6,000 製品紹介・購入はこちら
PolyMaker PolySmooth PolyMaker PolySmooth ¥4,611 製品紹介・購入はこちら
PolyMide CoPA PolyMide CoPA(ナイロン) ¥9,241 製品紹介・購入はこちら
JP FLEXフィラメント JP FLEXフィラメント ¥12,000 製品紹介・購入はこちら
純正PVA水溶性フィラメント Raise3D 純正PVA水溶性フィラメント ¥17,000 製品紹介・購入はこちら

Raise3Dの魅力5

ideaMaker

独自開発制御ソフトウェア

初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応した、Raise3D独自開発のソフトウェア「ideaMaker」を採用。
サポートの自動/手動生成機能を搭載し、独自のサポートプログラムで業界トップのサポートの取り外しやすさを誇ります。
むずかしいデータもスマートにスライス可能。初心者で も扱いやすいソフトウェアです。

ideaMakerの特徴

多機能 ・モデルのカット機能搭載
・モデルの自動修復機能搭載
・プレビュー機能により、造形後のイメージの確認が可能
サポート ・サポート材の詳細設定が可能
・サポート材の自動/手動生成
・独自のサポートプログラムでサポートが取り外しやすい
インターフェイス ・多彩なデフォルト設定を搭載、ボタン1つで設定可能
・一層ごとの断面図を確認できる
・使いやすいユーザーインターフェース
互換性 ・対応拡張子 OBJ, STL
・日本語をはじめとする多くの言語で表示可能

「ideaMaker」チュートリアル動画

Raise3Dの魅力6

充実のアフターサポート

日本代理店による対応でいつでも安心

Raise3Dの日本総代理店である日本3Dプリンター株式会社では、電話での対応や24時間メール受付のアフターサポートを行なっており、もしものトラブル時も安心です。正規販売店のFabmartでのご購入も、もちろんサポートの対象となります。

安心のサポート

だから選ばれる! 800社以上の導入実績あり!
さらに・・・

3DプリンターランキングNO.1を獲得

米国Make誌
ベスト大型
3Dプリンター受賞

米国Make誌
ベストFFF方式
3Dプリンター受賞

世界3Dプリンター白書
ベストFFF方式
3Dプリンター受賞

新シリーズのご紹介
Pro2 / Pro2 Plus

デュアルヘッド

世界初の可動式デュアルヘッドや、
監視カメラを搭載したプロ向けのシリーズ。

NS2 / NS2 Plus

シングルヘッド

高精度はそのままに、従来のN2をアップグレードしたシリーズ。

新シリーズの特徴

従来の魅力に加えて新しい機能が備わりました。(*)Raise3D Pro2シリーズのみ

世界初の可動式デュアルヘッド
軽量化した新型エクストルーダー
新しい素材のプラットフォーム

新シリーズの特徴1

世界初の可動式デュアルヘッド

ノズル干渉による造形の失敗を解消

Raise3D Pro2シリーズの可動式デュアルヘッドは、造形中に1.5mm昇降する新方式です。造形しながら可動することで、造形物にぶつかることなく、造形をスピーディーに行うことができます。
※可動式デュアルヘッドは、Raise3D Pro2シリーズのみの機能です。
※造形しながら、ヘッドを切り替えられるのはRaise3D Pro2シリーズが世界初となります。

可動式デュアルヘッドの性能

①ノズルの切り替え時間: <1.0 second
②ノズル昇降時の移動距離: = 1.5mm
③高い耐久性: 10万回以上のテスト
④切り替え時の高い位置決め精度: (<0.005mm, 5micron)

デュアルでの造形が可能に、サポート接着面をより綺麗に

一般的な3Dプリンターのデュアルヘッドは、造形中のトラブルが多く、使うには相当な経験が必要でした。しかし、可動式になったことで造形の失敗が少なくなり、誰でも簡単にデュアルでの造形を行うことができるようになりました。デュアルヘッドを使うことで、2色での造形や、サポート材として水に溶ける水溶性フィラメントでの造形も行うことができます。
さらに、専用のサポート材を使うことによって、サポート材と造形物との接着面をよりできます。

デュアルでの造形が可能に

新シリーズの特徴2

新型エクストルーダー

過熱を抑えるギア構造

3Dプリンターで多いトラブルが、エクストルーダーの過熱が原因となるヘッドの詰まりです。 Raise3Dの新シリーズでは、この問題を解消するために複数のギアを組み合わせた「新型エクストルーダー」を採用しています。
エクストルーダーの熱が伝わりづらい構造により、フィラメント詰まりが低減されます。さらに、モーターのトルクが従来の4倍となり、ギアのスリップが少なくなりました。

エクストルーダーの軽量化で、最高造形速度UP

従来のエクストルーダーが800gであったのに対し、新型エクストルーダーは半分以下の300gと軽量化に成功。これによって最大1.5倍の速度での造形が可能になり、さらに精度も格段に高くなりました。

新シリーズの魅力3

新素材の採用で、熱変形に強くなったプラットフォーム

反りを防止したビルドプレート

Raise3Dの新シリーズでは、造形台に航空機の外装にも使われている新素材を採用しました。新素材は、変形が0.07mmと少なく(0-110度の間)、造形中の水平を保つことができます。磁石固定タイプになり、使いやすさも向上。
Raise3Dは、強靭なボールネジで水平調整が不要ですが、新しいプラットフォームでさらに造形が安定するようになりました。

新プラットフォーム

Raise3D スペック比較表

Raise3D N2S
(型番:NN2S)
Raise3D Pro2
(型番:NPR2)
Raise3D N2S Plus
(型番:NN2S)
Raise3D Pro2 Plus
(型番:NPR2)
サイズ シングルヘッド造形時 造形サイズ幅(幅×奥行き×高さ)
305×305×300 mm 305×305×300 mm 305×305×605 mm 305×305×605 mm
デュアルヘッド造形時 造形サイズ幅(幅×奥行き×高さ)
280×305×300 mm 280×305×605 mm
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)
620×590×760 mm 620×590×1105 mm
電源 入力: 一般100-240V, 50/60Hz
出力: 600W, 24V
プリンタ|

出力技術:

FFF(熱溶解フィラメント製法)方式
プリントヘッド: 可動式デュアルヘッド(Raise3D Pro2シリーズのみ)
フィラメント直径: 1.75mm
位置決め精度: 0.78125、0.78125、0.78125 micron
出力速度: 30 - 150 mm/s
プリント用シート: BuildTak
最大プラトフォーム温度: 110℃
プラットフォーム材質: シリコン素材
プラットフォームの水平調整: なし
フィラメント種類: ABS/ ASA/ PLA/ PA(ナイロン)/ PC(ポリカーボネート)/ PETG/ PVA/ TPU(ゴムライク)/ 木質(竹)/ PolyMaker社製樹脂 等
ノズル直径: 0.2/ 0.4/ 0.6/ 0.8mm
最大ノズル温度: 300℃
動作騒音: 50 dB以下
接続方法: Wi-Fi、LAN、USB、Ethernet
おすすめ動作環境: 15-30℃、相対湿度10-90%
ソフトウェア スライスソフト: ideaMaker
入力ファイル形式: STL, OBJ
操作システム: WindowsXP以降、Mac OS 10.7以降、Ubuntu 14.04以降
CPU: Intel® Core 2 以上 or AMD Anthlon®︎ 64 processor;
2 GHz or faster processor
コントロ|ル ユーザーインターフェイス: 7 inch Touch Screen
ネットワーク接続: 802.11b/g/nインタネット 2.4GHz/5Hz Wifi
停電復帰機能: あり
モーションコントローラ: ATM Cortex M7.400MHZ FPU
制御チップ: Cortex-M7 32bit RISC Core

※監視カメラと可動式デュアルヘッド造形システムはRaise3D Pro2シリーズのみ。

よくあるご質問

Q1. どの3Dプリンターを買えばいいか悩んでいます。
A1.

3Dプリンターを購入する際に抑えておくべき点は、3Dプリンターの利用目的にあった「造形方式」と「使える材質」、「精度」、「造形サイズ」になります。詳しくは下記ページをご参考ください。
▶︎3Dプリンターの選び方

Q2. 3Dプリンターで3Dデータは作れますか?
A2.

3Dスキャナや3D-CADを用いて作成してください。公開されたデータならインターネットでDLすることも可能ですが、自分で作成する場合、3Dプリンター以外のソフトや機器が必要です。
あくまで3Dプリンターは完成した3Dデータを取り込み造形する機械であって、3Dプリンターのみでは3Dデータは作成できません。

Q3. フィラメントについて教えてください。
A3.

フィラメントは3Dプリンターでデータを出力するために用いる材料です。通常プリンターでいうとインクと同様の役割を果たします。

フィラメントにはメーカー純正品と他社による汎用品があります。当店で取り扱っているフィラメントはすべて純正品です。

また、機種によって対応している材質が異なります。一般的に広く使われているのは、ABS・PLA樹脂です。
▶︎フィラメントの種類・特徴について詳しい説明はこちら

Q4. フィラメントは純正品以外も使用できますか?
A4.

機種によっては他社製の汎用フィラメントの使用も可能ですが、メーカーの保証外となってしまうため自己責任でのご使用となります。ヒーターの温度設定や移動スピードは純正品に最適化されているため、純正品をお使いいただく事で最高品質で造形できます。出力に失敗しないためにも純正品の使用を推奨しています。

Q5. 消耗品とは何を指しますか?
A5.

フィラメント・プラットフォーム・ノズルヒーター・ノズルなどです。
▶︎フィラメント取扱いページはこちら
▶︎プラットフォーム・ノズル等のメンテナンス品取扱いページはこちら

Q6. 作業台の上に置いても大丈夫ですか?
A6.

安定した台の上でないと3Dプリンターの振動で精度に影響することがあるので、可能な限り安定した場所で使用してください。

Q1. 保証はついていますか?
A1.

3ヶ月の無償保証が付いています。 また、有料で9ヶ月の延長保証(合計12ヶ月)と2年目の延長保証があります。

Q2. ノズル/ビルドサーフェスの交換目安はどのくらいでしょうか?
A2.

純正ノズルは約1000時間以上、ビルドサーフェスは150回以上の造形が交換目安となります。

Q3. 電気代/ランニングコストはどれくらいですか?
A3.

造形中は平均250W(o.25kw) × 21円= 1時間5.25円。
電源を入れている状態だと平均36W=1時間0.75円 です。

Q4. どういった人向けの商品ですか?
A4.

初心者〜プロフェッショナルの方まで使用できます。初心者の方でも簡単に操作できる操作性を持ちながら、様々な設定での造形も可能であり、精度もプロフェッショナルの方でも納得できる品質を保証しています。
(テンプレートがあるため、初心者の方はそちらを使っていただくと簡単に造形が可能です。)

Q5. PCは直接繋げられるか? Wi-Fiは使用可能?
A5.

LANケーブルにて直接接続可能です。またUSBメモリにデータを保存しての造形も可能です。もちろんWi-Fiも使用可能です。

Q6. 密度は変更できますか?
A6.

できます。密度は%で入力できるので、0~100%まで入力できます。

Q7. メンテナンスの頻度はどれくらいですか?
A7.

ギアなどのゴミが溜まりやすい部分は、こまめに掃除することをオススメします。心配な方は一回の造形ごとに掃除していただいても大丈夫です。

Q8. 最初に機械以外に購入するものはありますか?
A8.

特にありません。フィラメントは初回に1kgのフィラメントが付いています。色は白でPLAフィラメントが付いています。
消耗品やフィラメントは別途購入いただく必要はあります。

Q9. ノズル詰まりはしますか?
A9.

純正品のフィラメントでしたらほとんどつまりません。材料によってノズル詰まりはしますが、他の機械に比べるとかなり少なくなっています。

Q1. お支払方法として利用できるのはなんですか?
A1.

Fabmart(ファブマート)では以下のお支払い方法をご利用いただけます。お急ぎの方は、クレジット決済をご指定下さい。
※ 代金引換でのお支払いは対応しておりません。

●クレジットカード(ルーミーズクレジットサービス)
●銀行振込(金融機関名:ジャパンネット銀行)
●請求書払い(法人様のみ)

ご利用可能なカード、詳細につきましては下記ページをご参考ください。
▶︎お支払い方法について

Q2. 注文後の内容変更や追加注文はできますか?
A2.

誠に申し訳ございませんが、注文後の変更などは一切できません。
変更が必要な場合は、一度全ての注文をキャンセルとさせて頂きますので、お問い合わせ後、お手数ですがもう一度ご注文いただきますようお願い致します。
▶︎お問い合わせはこちら

Q3. 商品の返品・交換はできますか?
A3.

「不良品・当社の商品の間違え」の場合は当社が負担いたします。配送途中の破損などの事故がございましたら、弊社までご連絡下さい。
送料・手数料ともに弊社負担で早急に新品をご送付致します。
▶︎返品・交換について

Q4. 注文したのに確認メールが届きません。
A4.

お客様にてご入力いただいたメールアドレスに誤りがございますと、確認メールが送付されません。
また、メーラーの処理で迷惑メール扱いとなっている場合があります。「迷惑フォルダ」を開いてご確認くださいますようお願い致します。

Q5. メールや電話、FAXで注文はできますか?
A5.

誠に申し訳ございませんが、メール・電話・FAXでのご注文は承っておりません。

Q6. 送料はいくらかかりますか?
A6.

1回のお会計につき、お買い上げ合計10,000円以上で送料無料となります。
10,000円未満の場合は、商品代金とは別に送料がかかります。
▶︎全国送料表はコチラ

なお、別々のお会計の際には、注文毎で送料が計算されますのでご注意ください。

Japan

COPYRIGHTS © スリプリ ALL RIGHTS RESERVED.