Class 09:大規模アセンブリとデータ管理の秘密
多点数パーツを操る最適アプローチを解説

クラスレベル:☆☆

講演内容

Fusion 360で単体のパーツがモデリングできるようになってくると、複数の部品を組み合わせた作品を作る場面がでてきます。本クラスでは、多点数部品をどの様に管理してアセンブリを組み上げていくべきかをご紹介します。データ管理のノウハウは一見モデリングやアセンブリのテクニックとは別の知識のように思えるのですが、アセンブリを作成するときの作業効率に雲泥の差がでてきます。正しく快適にアセンブリを構築するための知識を身につけるには最適のクラスです!

プレゼンター紹介

フィル・アイヒミラー

オートデスク株式会社
シニアソフトウェアエンジニア

Fusion 360開発チームで品質保証を管理するシニアソフトウェアエンジニアをしています。Fusion 360でのテストと設計に加えて、Fusionオンラインコミュニティでの作業、ワークショップの開催、ポートランドコミュニティカレッジでのFusion 360およびAutodesk Inventorクラスの指導を楽しんでいます。 1999年にInventorでプロダクトデザイナーとしてキャリアを始め、2012年からオートデスクに勤務し、過去11年間CADを教えてきました。趣味は家を修理してギターを弾く以外に、Roller Derbyのスポーツがお気に入りの娯楽です。特にオレゴン州ポートランドのダービースターである娘たちを応援しています。

斉藤 兼彦

オートデスク株式会社
Fusion 360 テクニカルサポート スペシャリスト

自動車関連の設計業務、CAD業界で製品/開発サポート及び製品トレーニングの業務を経て、2017年からFusion 360 テクニカルサポート スペシャリストとして、オートデスクに在籍。