Class 01:3Dプリントマテリアルを極める
業界最新の3Dプリント素材を徹底解説

クラスレベル:☆

講演内容

3Dプリント産業は拡大の一途をたどっており、プリントする早さ、品質、大きさ、などの改良に加えて、その素材開発のスピードも目覚ましいものがあります。プリント方式により素材の特性も大きく異なっており、いったいどの素材を使ったらよいか迷われる方も多いのではないでしょうか?このクラスでは、各方式ごとに、最新の素材開発トレンドを加味した上で、業界のエキスパート達が3Dプリントマテリアルについて語りつくします。

プレゼンター紹介

新井原 慶一郎

Formlabs株式会社
マーケティング部 部長

1996年、日本DEC(現 日本HP)に技術職で入社。コンパック在職中に広報へキャリア転向し、シマンテック、デル、インテル、など、世界有数のITリーディングカンパニーにて広報、マーケティングを担当。2014年より3Dプリント業界に携わり、2016年以降はFormlabsの日本でのマーケティング全般を担当。
SNSではFormlabs JPとして活動中。

川岸 孝輔

株式会社DMM.com .make事業部
3Dプリント部 部長/プロデューサー

DMM.make 3Dプリントサービスの責任者。3Dプリント関連サービスの企画立案・運営が主業務ですが営業コンサルからデータ制作まで現在も対応しています。
元は音響機器のエンジニア兼デザイナーを経てプロダクトプランナーでした。意匠の取り扱いだけでなく電気回路からデジタルフィルターの設計・組み込み用のプログラミング等を対応していた為、守備範囲は広いです。

北川 士博

日本3Dプリンター株式会社
代表取締役社長

中国出身、2010年に3Dプリンターの魅力に感じ、その後日本3Dプリンター株式会社を設立。現在はBtoB市場で海外の良い3Dプリンターと技術を日本市場で企画、販売などを行っています。会社理念は”日本のモノ作りを改革する、新時代のソリューションパートナー”、日本の製造業に貢献できるよう日々奮闘しています。